ナニワ犬遊道

ぶち犬兄弟仁義

KOBE

20年振り

20年振りくらいで再会する方と会うために神戸へ。待ち合わせまでに時間があったので、これまた20年振りくらいに茜屋珈琲店へ向かった。
三宮へ行く途中、大きく様変わりした大阪駅に初めて行ってきた。浦島太郎状態。「ここから御堂筋方面はどこにいくのやろ?」といった感じだった。若い頃は新しいところに行きたくてしょうがなかったのに、こんなに変わってしまった大阪駅前にちょっと臆してしまった。
それに引き替え、三宮は震災以降どうも取り残された感が否めない。大阪駅ビルの新品具合と比較するものだから余計に古ぼけた感じに映る。特に茜屋のある阪急三宮の北側は、震災での被害が少なかったこともあり、20年前のままだった。確かこのあたりだったと生田筋に向かって歩くと。。。あった。

PAP_0014


神戸の喫茶店はなぜかこういう看板の店が多い。そして、生グレープジュースがあるのも共通している。狭い階段を2階に上って、ドアを開けると、時間が止まったように昔のままの店内だった。客は私を入れて4人。しばらくすると私だけになった。
PAP_0015
コーヒーを注文し、女主人と話す。昔もこんな風に話した。軽井沢にあった「茜屋」のこと、お盆が終って賑わいがが元に戻りまた静かになったことなど。そのうち適当に一人にしてくれて、心地よい時間を過ごす。
カフェでなく喫茶店。ここ以外にも、「JAVA」や「エビアン」や「ふるもと」など、港にコーヒー豆が入ることから神戸にはこういう喫茶店が多い。
ピカピカの大阪駅より、古ぼけた三宮にホッとするのも年をとった証拠か?
その後、再会の相手と会い、カウンターでキッシュとワインを出してくれるお店に連れて行ってもらい夜の9時半頃まで20年のつのる話をした。
ぶち犬たちは矢野先生に預けてきた。夜に迎えに行くつもりが、11時に家にたどりついたもののアルコールが抜けず断念。先生にお願いして朝一で迎えに行くことにした。
朝の7時に迎えに行くと、「話がちゃうやないか~」と言いたげなアテルイとモレだった。許してね。おかげで楽しかった。

雑草魂

人は普通なら自分の人生にはある程度の設計を描いて歩んで行っている。
まさか1時間前と1時間後の人生が一転していることなど誰も考えていない。
「地震で家が全壊した。」「津波で流された」「家族を亡くした」「町が消えた」言葉にするとたった1行で書けてしまえるけれど、その奥には人生が180度変わってしまい、言葉では書ききれ程のさまざまなことが待ち受けているだろう。
だから、「頑張って」とか「希望をもって」と声をかけることができない。

私には小学校からと中学校からの幼なじみの親友がいる。お互いの家のことから親戚のことまでわかりあっているので、もう姉妹のような関係だ。
彼女たちの携帯登録のグループ名には『雑草の友』と名付けている。
私たちは全員阪神淡路大震災で実家を失った者同士でもある。
幸い命を失くしたものは一人も出なかった。だから、なんとか頑張ろうと励ましあったものの、時間が経つとともに仕事を失ったり、職場が被災して転勤を余儀なくされたり、新築の家を手放すことになったりとそれぞれの人生に影響が出てきた。
私たちは多様な人々の生活する環境で雑草のように育った。大きな木のように強い根もなく、美しい花をつけて誰かに守ってもらえることもなかったけれど、踏まれても踏まれても日が経てばまた立ち上がる強さを持っている。。。と信じていた。
「雑草やから、強いねん。来るなら来い!雑草魂の凄さを見せてやる」と言い合った。それぞれが自分に言い聞かせるために。

瀬戸内気候の雑草より北国のより厳しい環境で育った雑草の方がきっと強いはずだ。
これを乗り越えたらどんなことでも乗り越えられるという覚悟と自信が生まれるから。

いい時は永遠には続かないけれど、悪い時も永遠には続かない。きっとこの経験があったから今の自分があると誇れる時が来るから。

だから、「頑張って」。
SH3G0948


春先コウベに

週末はめっきり春めいて、ポカポカ陽気の散歩が楽しめた。
うちのぶち犬たちは春眠暁を・・・とは真逆で、どこからか香ってくる女子の芳しい匂いに早朝から散歩コール。
SH3G0927
散歩先でも風の匂いをクンクン。恋の季節だ。
この季節は犬も人も浮かれ気味で、私も春の空気を感じると毎年、矢野顕子の「春先小紅」が頭の中を回る。背景はピンクの花柄プリントだ。
ただし、『ほ~ら、春先小紅♪』というところが『ほ~ら、春先神戸にぃ♪』とすり替わっている。
たしかこの曲が出たのが1981年、ポートピア81が港島で開催された年だった。年代的にも、時代的にも私も国も浮かれ始めた頃で、その十数年後に起こる事などこっから先も考えることなく過ごしていた。
だから、今の季節頭の中に「春先小紅」が回る時だけは、な~んにも考えていなかった時代にタイムスリップできる一瞬になる。
今日もまた『ほ~ら、春先神戸に、見に見に見に来てね♪』と口ずさみながらを夜道を歩く変なオバハンになろう。

須磨先生

本文とはまったく関係のないモレのへんな寝姿
SH3G0355
9月5日の夜、TVドラマで『外科医 須磨久善』が放映される。水谷豊が主役で実在の心臓外科医を演じるらしい。
須磨先生と聞いて、ちょっと懐かしくなった。
ただし、私の知っているのは須磨久善先生のお父様の獣医の須磨先生。
前の犬ウンパキが、原因不明で立てなくなったとき3軒目に訪れた病院が須磨先生の「KOBE愛犬病院」だった。
神戸の実家にウンパキを連れて通院の為に泊まり込んだ。
仕事は神戸から通い、留守中の看病を両親にお願いした。もう、6年前になる。
ギリギリ診察時間に間に合うように、毎日4時半に早退して帰るとすぐに車を飛ばして、診療室のあった三宮の山手まで寝たきりのウンパキを運んだ。
その頃、先生はすでに70代のおじいちゃんだったが、しゃれっ気があり一緒に行った母ともども、「美人やなあ」と毎回言ってくれた。
待合室には本やビデオテープが並んでいて、隣のテレビで見ることができた。
そのビデオが、NHK『プロジェクトX』で息子さんの須磨久善さんの回だった。自慢の息子だったのだろう。
息子さんは日本で初めて心臓バチスタ手術をした医師だそうだが、須磨先生もバベシアダニを発見し、犬に鍼治療を施した先駆者だった。
余談になるが、このブログタイトルは『ナニワ金融道』をもじったものだ。その作者の青木雄二さんも先生に自分の飼っていたドーベルマンを助けてもらったということから先生の著書の挿絵を描かれていた。
同年代の母が楽しそうに先生と話していたことを懐かしく思い出す。
その先生も数年前に亡くなり、母もいない。ほんのちょっと秋の気配が感じられる今日この頃だ。

真性親バカ

今日はお墓参りで神戸に。
ぶち犬たちはお参りの間、車で留守番だったので、いつもの「しあわせの村」散策でご機嫌を取る。
SH3G0292
台風一過の青空とはいかなかったけれど、風が涼しくて少し秋めいた午後だった。
帰りにハーバーランドに立ち寄った。用を済ませてから、海辺を散策。
SH3G0295
カメラで撮りながら、なかなか絵になる我が犬たちに、「ええやん、ええやん。そうそう、はい、止まって」と篠山輝信張りの掛け声をかける親バカ。
SH3G0307
『フィールドでも観光地でもどこでも映えるよなあ』なんて、自画自賛の我が犬自慢(自己完結系)の独り言でニヤニヤしながら歩いていると、アマチュアカメラマンのオジサマに「写真撮らせてくれる?」と声を掛けられた。
『これって、自己完結系でもないんちゃうん?』といい気になり、神戸の観光ポスターに使ってもらえないかと本気で考える始末。やはり、私の親バカは真性だ。
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ