ナニワ犬遊道

ぶち犬兄弟仁義

ずっと行きたかった場所~その3(川遊び編)

さて、旅行中の犬たちはおりこうさんだった。車での留守番が多かったにもかかわらず文句も言わず協力的で、心おきなく観光やおしゃべりを堪能させてくれた。
でも、雨とはいえあまりにかわいそうな1、2日だったが、3日目にようやく雨があがりまずはトレーラーハウス下の川で泳ぎを楽しんだ。
RIMG0559
カヌー教室の時間までは遊び放題
RIMG0536
バフィもクリークも泳ぐ泳ぐ
RIMG0522
アテルイとバフィはライバル心むき出しでおもちゃを取り合い
RIMG0538
クリークはまさに水を得たカワウソ
RIMG0542
水陸両用の本領発揮のアテルイは泳ぎと虫捕りを存分に楽しむ
RIMG0519
モレは一応泳いだが、どうもビミョー。。。これはまた後ほど

モレのその後

RIMG0390
もらっていた痛み止めをやめて4日経過。起きがけの痛そうな様子はなくなった。
ご心配をお掛けしました。運動は避けて安静と言われていたけど、適度に歩かないと逆に良くない気がして、安静にはしていなかった。
でも、ウォーキングだけにしていたので、ちょっと物足らなかったかもしれないと思いドッグランへ。
RIMG0394
とにかく暑いので、アスファルトを歩くとかなりバテる。ここは周りが大きな池と田畑ばかりなので、陽が傾き始めるといい風が吹いてきてけっこう快適だ。

RIMG0409

もうしばらく様子見だけれど、このまま痛みがでないような気がしている。夏休みは女の子とダブルデート状態で、山陰への旅行が待っている。男前上げて足元も軽やかにかっこよく決めないとね。

さよならタンタン

今日から夏休みに突入。ずーっと行きたかった場所に行ってきた。
2年前の素敵な住まいを紹介するTV番組で見たお宅だ。大阪北部の能勢にあるメゾン・ド・プロバンスという輸入の雑貨やインテリア小物をあつかうお店で、カフェもやっている。
RIMG0367

もちろんお店にも心魅かれたが、もっと行きたかった理由は、番組で素敵なインテリアや外装の紹介の際にちらっと映った犬がどう見ても英セターだったからだ。
HPをみると、看板犬として、英セターと英コッカー2頭が紹介されていた。そして、最近の日記では英セターのタンタンが心臓の発作をたびたび起こしていると書かれていた。どうも、気になって早く会いたいと休み初日の今日行くことに決めた。
能勢は大阪では一番の高地なので、ウソみたいに涼しい。なんで今までこっち方面に来なかったのだろうと真剣に後悔するくらい、山あり川ありの自然に恵まれた素晴らしい場所だった。(私は大阪北部はまったく知らない)
ちょっと道を間違ったこともあって2時間半くらいかかっただろうか。ようやくたどり着いたら、どうも閉まっている風。お休みのお知らせに今日の日にちは入っていなかったので、勢い勇んで出かけたが、土日祝日のみの営業だった。
RIMG0368
そのことにまったく気付かずに、駐車場に車を止めて「なんで~」って感じで電話をかけた。「はよ、降ろせー」とぶち犬たちが吠えるものだから、看板犬達も中から吠え返す。
電話に出てくださったオーナーさんから休みと聞きガックリ。しかし、ちょっと散歩させてやろうかと思い「駐車場に停めて犬を散歩させて下さい」とお願いした。
こころよく承諾してもらい、ぶち犬を車から降ろすと、建物の窓からオーナーらしき女の人が顔を出し、「セターですねぇ」と声をかけてくれた。そして、満面の笑顔で階段を下りてきて下さった。
「うちにもセターがいましてね・・・」
「タンタン君ですね。会いたくて来ました」
「それが数日前に亡くなったんですよ」
「・・・」
14歳だったらしい。間に合わなかった。
でも、オーナーさんは
「うぁ~嬉しいわセターが触れて」
と、ほんとうにうれしそうにおっしゃって、アテルイとモレをくしゃくしゃに触ってくれた。腕に付いちゃったヨダレさえ懐かしそうに。
私の早とちりでお店には入れなかったけれど、行ってよかった。
ここは本当に素敵なところで、犬たちにとって最高の環境ではないかと思った。(だから14歳という長寿だったのだろう)
素敵な建物はオーナー夫妻の手造りというからすごい。犬のお家では遠目にインギーのゴグとピニョンが。
RIMG0371-1

拡大すると

RIMG0370

その後、京都との県境を越えてるり渓まで足をのばし、山道を散策した。涼しくて静かで木の香りがして、ほんとうに素敵なところだった。今日、その後に会った二人の方からも犬には最高だからぜひ住んでくださいと言われ、少し心が動いた。
PAP_0004

タンタン君に会うことは残念ながらかなわなかったけれど、幸せな一生を送ったであろうことがよくわかった。「ここはいい所ですよ」とおっしゃっていたランチを食べたツリーハウスのご主人が「能勢を好きになってくださいね、また来てください」とおっしゃっていた。来てよかった。素敵な場所と素敵な人たちに出会えてよかった。これもタンタン君のおかげ。
バイバイ、タンタン。ありがとね、タンタン。

新・アテルイ似

私のモレシフトにかなり不満なこの頃のアテルイ。モレの耳掃除も阻止しに来るし、私のモレを観察する視線をずっと追っている。男の嫉妬はコワイ。
アテルイ7歳と6ヶ月、人間で言うと50代ってところのはずだが、熟年の落ち着きは見られない。
暑さに強いので、散歩の帰りにはモレと体3つ分くらいの速度差がでる。家に帰ってもいまだに遊びをせがむし、見た目もいっこうに老けない相変わらずのハンサムボーイだ。

RIMG0143

最近はダルビッシュよりも岡田将生に似ていると思う今日この頃。その岡田くん、来年の大河で頼朝をやるらしい。時代劇に目覚めて「アテルイ」再演で主役抜擢とならないかと期待しているミーハーな母だった。
bj
でもって、これはなんとその岡田君が、ブラックジャック役をやった時のメイク。アテルイそのもの、でしょ?

RIMG0028


モレは痛み止めの処方で、まったく普段通りの状態。暑いので、ダラダラしてますがこれは毎年のこと。私の飲んでるサプリよりよほど高価な「緑イ貝・コンドロイチン」配合のサプリを飲んで様子見です。

Llewellyn setter goods

休みの日に出掛けずに家にいるとついつい暇にまかせてネットで買い物してしまう。
犬GOODS探しにいそしんでいて、なんとなく見つけたサイトZAZZLE
セター飼いの方ならもうご存知かもしれない。
イングリッシュセターというと、多くはモレのタイプのシルエットであったり、絵であったり。
こちらで、「Llewellyn」で検索して商品を探すとこんなのが出てくる。
キャプチャ

なんと、iphonのケースにまで狩猟で活躍するLlewellyn setterが登場。そのほか、ゴッホ風の英セターのポストカードやら、Llewellyn setterのバンパーステッカー等など。
単一のショップではなくイギリスの個人制作の商品を扱っているサイトなので、いろんな趣味の人が集まるのだろうか、こんなマイナーなブリードGOODSがあるわけだ。
翻訳ロボットがとんでもない和訳の説明文を付けていて、これも笑える。
見ていると次々に欲しくなってしまう。ダメダメ、浪費がかさむ。モレの全快を期待してそろそろ外に出掛けないと・・・
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ