ナニワ犬遊道

ぶち犬兄弟仁義

ナニワ犬友道

10月1日にアテルイが、4日にモレが天国に旅立ちました。
感染症でした。人工の澱んだ川の水からの感染だと思われますが、確証はありません。
2ヶ月半たってもこころの隙間は埋まりません。
いまだに写真を見ることができないので、ブログでの報告が遅くなってしまいました。

アテルイだけの頃、「アテルイの疾走」というブログを始めました。あの子が走っている姿が大好きでそのタイトルにしました。
とてもプライベートな日記的なブログで、始めてすぐに私の脳腫瘍が見つかり手術をしたので日記にはその頃の不安な気持ちや弱音を思いっきり吐き出していました。
「私は弱くなんかない!もっと目が回るくらい犬との生活を楽しんでやるぞ~」と勢いでモレを迎えて、「セター使い」として始めたのがこのブログでした。
人生半世紀、いろいろなことがあります。
後半にさしかかると生み出すものより失くすことの方が増えてきます。
震災で実家や故郷を失い、最愛の母を亡くし、そして、離婚・・・。どんな時も乗り越えてこられたのは一人ではなかったからです。友人や周りの人に助けられてやってこれました。
そして、必ずそばに犬がいてくれました。悲しくてウンパキの背中に顔を押しつけて泣いた時の匂いを今も覚えています。
アテルイは前足を両肩にまわして涙をなめてくれました。
モレはペタっと大きな顔を膝に寄せてきてくれました。

でも、今はそんな犬たちがいません。泣くととどまることを知らぬ暗闇に落ちていくような気持ちになってしまうので、怖くて泣けなくなってしまいました。
泣けないということは笑えなくもなるのだと初めて知りました。

そんな中で、私の誕生日11月15日に同じ誕生日の犬友さんからメールをもらいました。アテルイと同い年のよく似たセターを飼っているということで知り合いになり、コメントをいただいたりしていたのですが、まだお会いしたことはありませんでした。
その方からアテルイとモレの事を聞き「胸に重いかたまりができたようになって・・・」とメールをいただきました。
まだお会いしたこともない方々でさえ、共感し涙を流してくれていると思った時、私を心配しあの子たちの死を悼み悲しんでくれた多くの方たちの気持ちがあらためて心に沁み込んできました。
あの子たちの存在はあまりに大きすぎて穴を埋めることはできずにいますが、優しい気持ちが沁み込んできて心のヒビに浸透していくように思われたのです。

その時から、すこし気持ちに変化が出てきました。

「ナニワ犬遊道」というタイトルは「ナニワ犬友道」でもありました。
アテルイとモレは私にたくさんの大切な友達を呼び寄せてくれました。皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。
そして、あの子たちを愛してくれて本当にありがとうございました。

なにはともあれ、犬との賑やかな暮らしぶりをつまびらかにお伝えしてまいりました「ナニワ犬友道」 ですが、これにて一巻のおしまいといたします。

我がホームフルコース

RIMG0803

いつもの貸切ご近所ランが今日はにぎやかだった。ユウェルちゃんが久しぶりに来てくれるということで、我がホームに招待した。ご近所のルカ家とハグ家に声を掛けてスタンプー、Eスプリンガースパニエル、Eセターの6頭でミーティング。
ありがたいことにランはちょうどご近所の有志の方々が草刈りしてくれたばかりというグッドタイミング。
ユウェルちゃんは以前来た時にESSのハグ君と意気投合していたが、今日もやっぱり波長ピッタリに駆け回っていた。
RIMG0806
アテルイはいつものマイペース。一度初遊びのハグ君にきつい一発をお見舞いしたものの今日は抑止を聞き入れてくれたので、びっくりしたハグ君には申し訳なかったけれど、今までとの差に母は胸をなでおろしたのだった。
RIMG0812
同じく男の子なのだけれど、スタンプーのルカ君はアテルイが仲良く遊べる数少ない相手。ボールの取っこにライバル心むき出しながらもいい感じで遊ぶ。
RIMG0829
そして、モレはルカ君のところに新しくやってきたミエルちゃんと今年度最高の幸せな時間を過ごしていた。
RIMG0828
出会いは一週間前のお山のランだった。モレには今までほとんどなかった「女の子から遊びを誘ってもらえる」という夢のような機会が訪れた。
RIMG0777


ミエル(蜂蜜)のごとく甘美なお誘いに「僕にもモテキがキター!」と思ったが、いかんせんモテた経験のないモレにはお誘いにどうこたえればいいのかわからない。追われては逃げ、でも、ずーっとくっついて歩くというなんとも切ないモレの行動。いいかげんミエルちゃんが疲れたところ狙ってヤラシイ親父に変身するものだから、これじゃあ、モテるわけない悲しい結末。
モレ、まだ遅くはない出直そう。

この後、ミクニでランチして、犬話に盛り上がり、お腹も心も満腹。

RIMG0846

ワンコごはんも美味しかったようで、満足げな犬たち。

RIMG0840

そして、マナナニノさんに立ち寄って、、、マナちゃんとアンジュちゃんの歓迎に固まってしまったユウェルちゃん。

RIMG0851

マナナニノを後にしてうちにきてもらった。うちでのユウェルちゃんは屋外とはまったく違うツンデレ状態。私にはペターとくっついてきてくれる。その上、アテルイにも遊びをしかける。
以前会った時もそうだったが、そんなユウェルちゃんに対してのアテルイの態度が一味違う対応。親戚の女の子と認識してるのか前足でパコンと頭をたたきに行く「この子とは気が合うぞ」を表現する態度をとる。「もう、痛~い」と怒るユウェちゃんにも「ゴメンゴメン」って返す。
久しぶりに見たこういうアテルイに心がなごむひととき。
最後にトリミングに来ていたアニー、リタ、シンゴちゃん達に会いにPETVALLさんに行き、帰りにお池を一緒に散歩という我がホームグラウンドのフルコースを味わってもらった。
帰りの車の中ではたぶん疲れて爆睡だっただろう。
また、遊ぼうね。

おしゃれの秋

RIMG0738


チョークカラー2種類とリムーバブルタグ購入。のどが弱点のアテルイ用にクッションの効いたビヨルキスの赤は以前買ったもの。リタちゃんのがいいなあと思って教わったスエーデンの犬ぞりメーカーのもの。
今回はそれと同じものをモレ用に青を購入。一緒に買ったのはラブルキちゃんが付けていたのがかっこよくてこれまたいいなあと教わったもの。
リムーバブルタグは増えたカラーにそれぞれネームタグを付けるのが大変なので、カチンと付け替えられる便利もの。(くっついている革タグはアテルイに噛み切られた私のベルトの再利用)
うちのアテルイとモレはずーっとプレミア社愛用だったのだけれど、今回カラーを変更したのはモレのため。
モレの例の関節炎、ほとんど大丈夫だったのだけれど、2、3度跛行が出たことがあった
考えてみると、ハーネスをしてフレキシリードではなかった日に共通していることにちょっと引っかかった。
ハーネスは引っ張り防止のタイプで、普通の背中で引っ張るタイプではなく胸で締め付けて、引こうとすると前足に関節技を掛けるようにして引けなくするもの。フレキシリードでない日は私の引きが強くなる。
『もしかしたら・・・』とハーネスの使用を全面ストップしてからは全く正常に戻った。
モレはアテルイのように筋肉質ではないので、関節技が直で入っていたのだろう。

甘甘の飼い主は首へのショックも緩いほうがいいと、今回の太めの幅のカラー購入することにした。
では、今からファッションショーを・・・
RIMG0687

RIMG0708

RIMG0732
ほんの少し秋の気配

目ヂカラ戻りました

RIMG0672
昨日まで動作が緩慢で散歩に行くと草ばっかり食べていたモレ。夕べの晩ごはんくらいから鳥団子スープかけご飯によだれを流すようになった。
今朝の散歩では緩慢さもなくなり目ヂカラも戻った。のどが渇いたことを無言で要求。

RIMG0677

長い夏休みも今日で終わり。明日からはまた日常に戻る。楽しい休暇を過ごせたので私もぶち犬たちもきっと満足しているはず。モレは関節炎、胃炎とちょっと災難だったけどね。終わりよければすべてよし。
明日からまた冬休みに向けてまた頑張るぞ~。
RIMG0666

ずっと行きたかった場所~その4(大山編)

最後の一泊は鳥取側大山の麓の宿「大亀山荘」。蒜山はいっぱいで宿を取れなかったが、ここは空きがあったのと庭にドッグラン有りとの紹介があったので決めた。
大山を米子から上って行くと平原が続く。まるでゴルフ場のような牧場だと思いながら、ゆるやかに上り坂を行くとようやくたどり着いた。
泊り客は私達とあとひと組だけだということで、ドッグランでも気を使わなくて良さそうだとホッとしながら案内された先は・・・
RIMG0635
前の庭がドッグラン。「ここで走らせてあげてください」「ここで・・・ですか?」聞き返した。だって、これだ。
RIMG0628
「あの、柵はなしですか?うちのはたぶんどこまでも走りますが・・・」「だいじょうぶでしょ。」
よく聞くと、途中から刈りそろえられた芝になったところから手前が山荘の敷地。それより向こうは芝の育成地らしい。山を登る途中の牧草地と思っていたところも全部芝の畑だったようだ。
綺麗に養生中の芝を荒らすとタイヘンだ。バフィとクリークは競技会にも出場のパーフェクトDOG。
問題はうちのカッ飛び野郎(汗)と思いきや、なんと私が見える範囲しか走らないではないか!
「アテルイ、良い子になったねえ」
とはいえ、これだけの敷地を点になるまで走ってほしいという思いもチラリとあった。でも、もっぱらバッタを追っかけて満足なようだった。適当に呼ぶと戻ってくる。若い頃、大泉緑地で駆け回るアテルイの大捕獲作戦に参加して下さった皆さんが見たら、なんと言われるだろう。
RIMG0651
成長したアテルイを動画でご覧いただきたい。訓練などとっくに諦めてたけど、自分で考えて行動したいこの子たちの行動心理がわかるとグッと気楽に付き合えるようになってくる。(からね、ユウェルちゃんも大丈夫)

部屋はもちろん犬もOK。バフィとクリークはベッドは初体験。とても快適そうで、お家でも「ベッドで寝る権利」を主張しないかちょっと心配になるくらい満足気だった。
RIMG0667
次の日、最後に蒜山高原に立ち寄って帰路についた。(蒜山の妖怪スイトンは橋の欄干や立て看板に見つけることができた)
本当に楽しい4日間だった。そして、ぜひまた行きたい場所だった。
MYKちゃん、バフィ、クリーク楽しい時間を過ごせてよかった。それと、くだらない朗読に付き合ってくれてありがとう。(小泉八雲の故郷にちなみ、『耳なし芳一』話につきあってもらった)
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ